Tag Archives: A-1

What’s This Color

Changes in your life are rarely binary. Feelings don’t switch off, they just grow and fade, like needle-thin vines along a weathered fence. The thoughts are with me often, sometimes stronger than others. Sometimes the thoughts need a vacuum to get started.

The sun was warm and the air still; for the first time I could remember. Little of my decision to go out was based on the weather, but it loosened my soul just enough to let all the sensations through past my preoccupied vanity.

Asphalt welcomed the tires of my bicycle. The thin cast wheels spun freely. The humble click of a transmission left open, wind through my hair, and the heft of long, glass lenses in my bag all came together. Wet moss and silt dotted between clumps of dead grass, the hush of the distant highway… each granule of stimulus was noted and catalogued carefully.

I knew the way well enough to keep my nervous nature at bay, and so I took to enjoying really looking at more of the common variety I love about Sweden: rows of houses in a handful of styles tied together with scores of footpaths and bicycle trails. The intention seems to say that urbanization may only go so far; settlements are pockets of humanity along the way and should never become the dominant part of the land.

Paths wind up and down endless hills, through largely untouched fields, running apart and together in so many places. There is some odd sort of blend between relinquishing direction to the terrain and haphazard planning that makes me wonder how much of it is intentional. Is this part of the core of Swedish mindset, or is it pure chance?

Stopping in a field to shoot graffiti on another odd, secluded steel door in the side of a bluff, I begin to take the journey inwards. Where do the boundaries lie between adequate confidence and hubris, how much of the way I behave aids or impedes those around me? Can one explain his heart without words; would doing so form a stronger bond? What do the intangible things that mean so much to me mean, in turn, to others?

The gravel emits a pleasant sound with the twisting of my heel as I turn. I look deep, deep into the field, through it, over the highway, to the sole concrete palace six hundred meters in the distance. The heat and smoke in the horizon clouds the edges of my vision. How can I take a photograph that explains all of this to another person? Focus, composition, the blurring of the periphery, and the shadow layered through each blade of grass that makes up this exquisite tapestry of Söderort. It’s probably beyond my skill, but still worth trying. I hold the camera up to my eye, let out a long breath, and push the shutter. I stand still looking for a second, then move on.

Tokoya photographs are up

Some photographs from my latest gallery exhibition, “Tokoya”, are up on my site top page. I’m currently working on a book with the complete set of photographs and interviews from the barbers I worked with on the project. In the meantime this can tide you over.

先月開催した写真展、「床屋」からの写真一部をサイトにアップしました。現在写真集を作っていますので、それが仕上がるまでこれを楽しみしてください。

Marching forward

So as is the nature of things, the closer I get to my exhibition the more focus I gain in my activities and the pressure of time builds. It’s a trade off. I went to the dark room last Sunday and had a long session working some 2L sized prints, but one thing became clear quite quickly: the weighted metering of the A1 was all over the board and pushing all my film two stops had some serious negative effects on my tone gradients. If I was going to do all my prints by hand, it would take an eternity of finding the right time and filter combination for each one and a lot of finessing. So, I made the decision to go with digital prints this time, as I have a lot faster turn around loop in Photoshop than I do in the darkroom. Still, there is much to do. I have almost three hundred people invited to the show in Facebook but only forty replying so far. I need evangelism and physical media. Thus my postcard series charges to the rescue.



イベント情報、個人写真展

4月9-15日@M2ギャラリー新宿御苑前

来月写真展を開催します。これから情報をだんだん呟きますから楽しみしてください!概要文章は下記になります。

「都会の中に息づくニッポンの技 床屋」

いつの頃からか、街から床屋が姿を消し始めた。日本の習慣が変わっても、床屋の店内で、確かな技術を持ち客を待つマスターたちは変わらない。 はさみを握り、くしを持ち、カミソリを磨く。 長年培って来た技術が、その腕にあった。床屋さんは世の中のもやもやとしたストレスを髪と一緒にきれいさっ ぱり切り落としてくれる。男たちは、ただ理容のためだけに通うのではない。密やかにたたずむ店のドアを開けると、10年以上の付き合いになるマスターが笑顔で待っている。双方の関係は、いつしか気心の知れた存在で親友や親戚に近い。

Here is the update to my photography site

Now we wait

写真を搬入済みです。ギャラリーのスタッフの皆さんが凄く親切で助かりました。写真の張りが終わったら鍋とビールをエンジョイしながら僕の展示について色んな質問を聞かされました。感謝です。

じゃあ、これ以降はお客さんの受け取り次第ですね。ちょっと心配します。とりあえずこれ以上言わないので、どうぞ自分で先にみてください。それ後に感想を聞かせていただきます。

一言

明後日「この視点から」を開催します。今週末締め切りぎりぎりまで告知交流です。年末だからか、写真の仕上がりが完全に終わったからか、よく分からないけど意外と落ち着いています。写真展についてこの気分が始めてですから、ちょっと気になります。

とにかく、明日は搬入でと明後日からはお客さんとの関係育つです。皆さんに会うように楽しみしています。

The long road in

明日は暗室のラストだ。色んなことを注意して仕上がりましたけど、まだ完成は一歩先の気がする。写真に全精神を打ち込みたいです。プリントと心が繋げないと、伝わりたいメッセージが暈ける。

写真。心。ディスタンス。

そのギャップを埋めるために意識を鍛錬しないといけない。まず瞑想して答えを探します。

寒空の慰め

開催は後二週間弱です。毎晩一種の進行です…広告、プリント用意、またはネガの棚卸。今回の展示は七割モノクロのプリントを出しますが、幾つかこう見たいのカラー写真も展示します。これは2008年の正月、一人で角館に旅して、孤独に包まった。本当に美しかった、あの誰もいない寂れた城郭都市。

ある種の運命

本格的に写真を撮り始めたは2006年です。日本へ移住した四年目、その年色んな区切りとなる時期がありました。愛と出会って恋に落ちた。レイブに行く頻度が上がって、友達の輪が数人だけから広がりました。

なぜ写真を本格的に撮って始まったか。振り返るとコンパクトデジカメの画質に限界もなったし、展示するのことを考え始まった。自分が感じていることは凄く濃くて、経験したことが美しく過ぎて、もう頭がおかしくなると思った。人生からの眩しい誠喜びを誰かとシェアしないといけないと思った。それで、その気持ちを他の人に再現するため、第一歩で芸術的にフィルムの世界に入りました。

統一感

この視点から」開催後約三週間です。写真はいっぱいプリントされていますが、統一感が全体的に足りないので、今週末カラープリントを加えてパターンを洗い出します。人物のクローズアップとワイドショットのコンビになる気がします。

皆さん楽しみしてください。

個展 Take two

この視点から

来月また個展を行います。タイトルは「この視点から」です。今回は七月と違って、写真専門ギャラリーで開催します。そしてモノクロプリントは自分で手焼きします。今こそ予定表に見物予約を入れましょう。

11月29日-12月5日@PLACE M新宿御苑前
毎日開館12:00-19:00

「この視点から」について

どのような経緯で今の僕になったか。今の自分は、どれくらい生まれた瞬間に決まってた?
友達の 輝きと、歩んできた道の土からどれくらい色を吸収したの?

米国で青年期を育み、日本で成人になった。
今年の年末に、これまでに見たことや経験したことを振り返ってみると、どのような変化ががあったのか…
影と光、 真冬の寒さと恋人の胸の温もり。すべての響きと刺激、言葉と感情、それらは生き方と愛し方を教えてくれた。
そして、その経験を全部目を通して知った。目であなたの笑いと涙を見た。そして、お互いがどんなに大切な存在であるかという深い絆を知った。 これは僕らに対する僕らの感情と共に経験した場所の記録だ。
お蔭様で、みなさんと一緒に成長できる喜びをうれしく思い、感謝の気持ちがますます深まった。